マイクロプラスチック(microplastics)が忍び寄る。正しくごみを捨てよう。


JungleBook Newsをご覧の皆さん、マイクロプラスチック(microplastics)という言葉をご存知ですか?写真の海鳥は、海上を漂うプラスチック片を餌と間違えて食べてしまったために死にました。このようにペットボトルやビニール袋、様々なプラスチックが海を漂っているうちに細かくなり、様々な海洋生物に影響を与えている事態になっています。




■プラスチックごみの現状




The plastic plague: Can our oceans be saved from environmental ruin?(2016年07月01日)CNN
一部の先進国や、アジア、アフリカの国々などをみてみると、このような光景をよく見ます。ごみの分別処理などが進んでいない地域や国などだとこのような状態です。




A Plastic Ocean Official
海を漂うプラスチックごみたち。毎年、800万トンのプラスチックごみが海に流れ出ています。


■プラスチックごみによる被害



The plastic plague: Can our oceans be saved from environmental ruin?(2016年07月01日)CNN
また、漁具などもきちんと管理していない場合、海洋生物に被害をもたらします。

■あわせて読みたい記事
アメリカ カリフォルニア沖でシロナガスクジラを救出! JungleBook News



The plastic plague: Can our oceans be saved from environmental ruin?(2016年07月01日)CNN
絶滅危惧種の海鳥の営巣地でもこの有様です。




A Plastic Ocean Official
潜水艇で海中深く潜ってみても...



A Plastic Ocean Official
こんなにたくさんのペットボトルが、海底深くに沈んでいます。



The plastic plague: Can our oceans be saved from environmental ruin?(2016年07月01日)CNN
海流に乗ってゴミが流され、集まってきます。特にひどいのがハワイ沖の太平洋ベルト地帯です。


■プラスチックごみの対策



The Ocean Cleanupというプロジェクトが日本の対馬沖で始まっています。これは、海上に漂っているプラスチックごみをエネルギーや、コストをできる限りかけないで回収するというプロジェクトで、Boyan Slatと言う、18歳の青年が考えたものです。




防波堤のように、海上に長いブイを浮かべて潮の流れの力で一か所にプラスチックごみを集めるという原理です。


■まとめ


オランダの起業家Boyan Slatの「The Ocean Cleanup」では、30年の後に現在海上を漂っているプラスチックごみの99%を除去できると計画しています。我々ができること、ゴミの分別、プラスチックごみを出さない、ポイ捨てしない。当たり前のことを一人一人が実行しなければこの問題は解決しません。まずは、プラスチックごみを出さない。次に海上に漂っているプラスチックごみの回収の実施。これを行っていかないと、プラスチックごみが細かく砕かれて、マイクロプラスチック(microplastics)になり、このマイクロプラスチック(microplastics)を微生物が食べ、微生物を魚が食べ、魚を鳥や人間が食べるといった食物連鎖の過程で濃縮され、それが健康被害を起こすことは誰もが想像できることです。まずは行動を起こしましょう。

また、下記動画をどうかチェックしてしてみてください。Boyan Slatがやろうとしていること、どれだけ海洋生物が危険な状態になっているのか動画を見て考えてください。



ニュースのソース元:
マイクロプラスチック(microplastics) Wikipedia
The Ocean Cleanup
Hawaii has a huge trash problem CNN
The plastic plague: Can our oceans be saved from environmental ruin?(2016年07月01日)CNN


ニュースのソース元:
■How We Showed the Oceans Could Clean Themselves - Boyan Slat on The Ocean Cleanup

※音声が出ます


For more information, and to contribute, please visit http://www.theoceancleanup.com
On June 3rd 2014, Boyan Slat gave the long-awaited sequel to his 2012 TEDx Talk, in New York City, USA.
After researching for a year with a team of about 100 people, 19-year-old Boyan Slat finally spoke out, and presented the results.

ニュースのソース元:
■THE OCEAN CLEANUP - The Beginning

※音声が出ます


On june 3rd, 19-year-old Boyan Slat unveiled the results of the feasibillity study, indicating that we can likely clean our oceans. For more information and to support the next phase, please visit
https://fund.theoceancleanup.com

ニュースのソース元:
■How the oceans can clean themselves: Boyan Slat at TEDxDelft

※音声が出ます


18-year-old Boyan Slat combines environmentalism, entrepreneurism and technology to tackle global issues of sustainability. After diving in Greece, and coming across more plastic bags than fish, he wondered; "why can't we clean this up?"

While still being on secondary school, he then decided to dedicate half a year of research to understand plastic pollution and the problems associated with cleaning it up.
This ultimately led to his passive clean-up concept, which he presented at TEDxDelft 2012.
Working to prove the feasibility of his concept, Boyan Slat currently gives lead to a team of approximately 50 people, and temporarily quit his Aerospace Engineering study to completely focus his efforts on The Ocean Cleanup.

The progress of The Ocean Cleanup can be followed through www.theoceancleanup.com, www.facebook.com/TheOceanCleanup, as well as www.twitter.com/TheOceanCleanup.
In the spirit of ideas worth spreading, TEDx is a program of local, self-organized events that bring people together to share a TED-like experience. At a TEDx event, TEDTalks video and live speakers combine to spark deep discussion and connection in a small group. These local, self-organized events are branded TEDx, where x = independently organized TED event. The TED Conference provides general guidance for the TEDx program, but individual TEDx events are self-organized.* (*Subject to certain rules and regulations)

ニュースのソース元:
■A Plastic Ocean Official Trailer

※音声が出ます


A Plastic Ocean is an adventure documentary shot on more than 20 locations over the past 4 years. Explorers Craig Leeson and Tanya Streeter and a team of international scientists reveal the causes and consequences of plastic pollution and share solutions. WANT TO SEE THIS FILM? GO TO http://aplasticocean.film/ AND JOIN OUR CAUSE! https://youtu.be/6zrn4-FfbXw
http://www.aplasticocean.film/media.html


メニューにもどる


関連記事
ぽちっとご協力お願いいたします →

コメント

コメントの投稿

非公開コメント




スポンサード リンク

じゃんぐるぶっく。のお勧め

スポンサードリンク


うたのプリンスさまっ♪三越伊勢丹グループ限定コラボ商品

婦人画報のおかいもの
おかげ様で111周年~確かな品揃え
婦人画報のおかいもの



アマゾン ジャパン株式会社



南仏プロヴァンスからの贈り物
「L'OCCITANE 公式」

L'OCCITANE 公式

Otto  ファッショングッズ  オットー・オンラインショップ
オットー・オンラインショップ


ピーチ・ジョン公式通販サイト-ブラジャー・下着・ランジェリー・ファッション
ピーチ・ジョン公式通販サイト


三越オンラインストア
三越の【バレンタイン特集】はこちら


伊勢丹オンラインストア
伊勢丹オンラインストアはこちら


小田急オンラインショッピング
人気のデパ地下ギフトがおすすめ



大丸・松坂屋通信販売 DMall.jp
大丸・松坂屋【バレンタイン特集】はこちら



NEWYORKER(ニューヨーカー)
直営の公式通販ストア【NY.online】



エディー・バウアー オンラインストア
<公式>エディー・バウアー オンラインストア


アメリカンイーグル
新作ゾクゾク、アメリカンイーグル





MoMAstore
グッドデザインと暮らす毎日「MoMAstore」



明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』
ワンダーコアスマートなら
まだ、間に合うダイエット 



犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
ペピイでしか買えない
バレンタイングッズはこちら


犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
ペピイマジ推しフード~ロイヤルカナン~
プレミアムフードはこちら


GREEN DOG
GREEN DOG通販TOP
ナチュラルフード、ナチュラルケア専門店


ホームセンターのコメリドットコム
ホームセンターのコメリドットコム
猫ちゃんフード特集



ホームセンターのコメリドットコム
ホームセンターのコメリドットコム
ワンちゃんフード特集




ペット用品なら【アイリスプラザ】


ピザハットオンライン
クレジットカードで買える、ピザハットオンライン



マツコもはまるピザ「ナポリの窯」


PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
ピザーラお届け


ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
焼き立てアツアツをお届け
ドミノ・ピザ


ソフマップ・ドットコム
パソコン、家電のソフマップ・ドットコムはこちら




高スペック・高回線の海外格安レンタルサーバーはこちら


JAL日本航空 国内線航空券 空席照会




ペットのための救急車
【F&S動物救急】



【WWF】


全国
動物たちに会いに行くなら
宿探しはコレが一番!



東京ディズニーリゾート ハロウィーン

USJウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター

動物NEWS と お天気



サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。